しっかり歯磨きしてばいきんをやっつける!

更新情報

歯の健康を守るために歯科医院に行こう

歯科医院のイメージはどういったイメージでしょうか。なんとなく恐いところというイメージがあるかもしれません。また、虫歯等の治療をやってくれるイメージでしょうか。しかし、いくら恐いからといって、歯科医院に行かないのは歯にとってよくありません。虫歯はもちろん、歯周病といった病気は、早めの対処が肝心なのです。それをなんとなく恐いからという理由で、歯の治療を遅らせていては歯を失うことにつながっ…

歯医者選びの重要性

幼い頃、私の住んでいた心斎橋には腕の良い歯科がいて、通院後に大きな悩みを抱えることはありませんでした。そんな幼い頃の経験から、歯科は虫歯を治してくれる所だと何の疑いも持たずに過ごしてきました。しかし、歯科への考え方が変わったのは大人になってからです。大人になると、子どもの頃よりは歯科に行くことも減りました。しかし、やはり行く必要がでることもあります。一人暮らしをしていた私は、「近い」…

歯医者選びは大切です

大学時代から、原因不明の歯痛に悩まされてきました。毎日痛いのではなく、ある時、一定期間ふと痛くなり、熱いものや冷たいものが染みたり、噛む時に響いたりしました。その度に歯科に行き、レントゲンをとったり、治療済みの歯の銀歯を力ずくで外して診てもらったりしましたが、はっきりとした原因が分かりませんでした。そのような状態が20年以上続いていました。先生によっては歯の磨き過ぎで歯茎が下がったせ…

毎度、緊張しながら歯科医院へ

友達が心斎橋で歯科医院を経営しているので、数年前からお世話になっています。知り合いなので、安心してまかせることはできるのですが、やはり歯医者に行くのは、嫌なものです。知り合いなだけに、気まずいこともあります。口をあけて横たわっている無防備な姿を見られるのは裸を見られているような恥ずかしさもあります。でも歯科だけは、行かないというわけにはいきません。虫歯になると、ほっておいて治るもので…

まず探すの中のリストの一つに入る歯医者

歯ブラシ

転勤族の夫と結婚をして、約20年になります。私は身体の中でも皮膚と歯があまり強くないとう言う事もありまして、転勤先の街ではとりあえず、スーパーや銀行を探すのと同じ感じて、皮膚科と歯医者を探します。
歯医者さんにはなるべくお世話にならないようにする事がベストなのですが、歯の治療のほかにも、年間に歯石を2度程とってもらったりするので、やはり私の生活の中では歯医者さんの存在は欠かせません。年間、2回の歯石除去をしている事によって虫歯が断然出来にくくなるので、欠かせない事が分かりました。
歯石は自宅では絶対に取り切れないので、歯医者さんで歯科衛生士さんの完璧な技で、歯周スポットに入り込んでいる歯石までしっかり除去してくれます。
また今まで1度しか経験はありませんが、歯のホワイトニングも歯医者さんで経験しましたが、自宅ではとても真似できない、白く輝いた歯になります。残念ながら長い間、継続はしませんが、私の場合は半年間ちかく歯が白く輝いていました。
虫歯を作らない為にも定期歯科検診は絶対に必要ですし、虫歯で出来た時は早急に歯科医の治療が大切だと痛感しました。早く歯科医院へ行けばそれだけ痛くなく、簡単に虫歯の治療が出来るのです。今はどの街へ引越しても、必ず歯科医院を探して定期健診をしています。お陰さまで虫歯はありません。

長く通える歯科を見つけよう

食べることが大好き、という人でも、虫歯や歯槽膿漏、また入れ歯が合わないなどで食事の度に痛みがあったりすると、だんだんと食べるのが苦痛になってしまいます。特に高齢者で他に趣味を持っていない人などは、その事が原因で元気がなくなり、老け込んでしまう原因にもなりかねません。
自分の歯を守るのはもちろん日々の歯磨きなどのセルフメンテナンスですが、一度虫歯になってしまったら自然には治りませんし、入れ歯が合わないからといって歯がないまま食事をしていたりすると他の歯や歯茎を痛め、健康な歯まで失ってしまうことになってしまいます。やはり、定期的に歯科にかかり、検診を受けて異常を早めにキャッチしなければならないのは、他の病気と同じです。
自分に合った歯科を選ぶのはなかなか大変です。一度かかった所を変えるのも勇気がいります。しかし、自分も相手も人間ですから、合わない事もあるのです。もしも治療の方針を説明してくれなかったり、自分の意見を聞いてくれなかったりして違和感を感じたりしたら、治療の途中でも他の歯科を探して移動するのも、決して悪くありません。
義歯の技術がいくら進歩しても、やはり自分の歯に勝るものはありません。自分の歯で味わう食事を少しでも長く続けるためには、長く付き合える歯科医を探すことが大切なのです。

子どもに優しい歯科医院は大助かり

最近では、小児歯科を開いている歯科医院では、たいてい子どもにとってのスペースやアイテムが充実されていますよね。それこそ20年とか30年前の歯科医院でしたら、小児歯科を開いているところでも、子どものための待合室を設けたりといったようなことは、少なかった印象です。
本当に感心してしまうほどに最近の歯科医院では、子どもが歯科治療をこわがらないよう、細部に渡って工夫されていますよね。例えば待合室には、オモチャから絵本からマンガに至るまで、十分過ぎるほどにものが置かれていたりします。
ですから、大人の歯科治療についてきた子どもたちも、歯科医院の待合室でストレスなく時間をつぶしていてもらえるので、親としても大助かりというものなのです。そしてだからこそ、親になってからの歯科医院の選び方は、「小児歯科もやっているかどうか」というところだったりします。
幸いなことに、これまでは重大な歯科治療を行わなければならないような状態にはなったことがありません。ですから、小さい子どもの親となっている今は、やはり小児歯科も開かれている歯科医院が良いですね。子どもでも必要があれば、親と同じ歯科医院にかかることができますし、大人の治療中も大人しく待合室で待っていてくれたのならば、大助かりなものですから。


TOP

Copyright © 2016 何時までも健康に。心斎橋の歯科に通うのがオススメ! All Rights Reserved.